会社案内

shodai『この町と、こだわりと、笑顔の食卓と』をモットーに。
お客様に本当に喜んでいただける、美味しい鶏肉とお惣菜を召し上がっていただけるよう心がけております。
創業より、三原市内や備後圏の契約農家から鶏肉を仕入、加工販売を行ってまいりました、創業67年の鶏肉専門店「鳥徳」でございます。
「みはら神明鶏」の他、厳選した鮮度抜群の鶏肉を取り揃えております。
親子3代でファンの多い自家製惣菜もお薦めです。

HP担当挨拶

webtan私たち鳥德は初代小林徳巳の「戦後の栄養不足の中、栄養豊富な美味しい鶏肉を皆様に食べていただきたい」という想いから、昭和25年に創業致しました。
創業当初は、鶏肉が家庭の食卓にあがる習慣が少なかった為か、1日に数羽しか売れなかったのですが、そのうちに大行列ができるようになり、多くの方に食べていただき、皆様のお役に立つことができ嬉しかったと初代から聞いております。
その後も、三原の地で鶏肉一筋に商いを続け、精肉から自家製惣菜の店頭販売、飲食店・問屋・量販店・学校・病院給食の卸業務、イベント出店等、様々な形態で販売を続けてまいりました。

現在、三原市は広島県全体の約半数近くの飼養羽数を誇る一大産地となり、鮮度の良い鶏肉が提供できる、大変恵まれた環境にあります。
鶏肉とは本来、鮮度がとても重要な食材で、熟成期間が他の畜肉に比べ短く本来の品質を保ったまま提供する事が大変難しい繊細な食材です。
鶏肉専門店は、全国的に見ても減少傾向にある業種でありますが、専門店ならではの流通ルートや、加工技術等、他では真似のできない強みがございます。
鶏肉の本当の味を知って頂けるようこれからも精進し、広島県の地域産業資源にも認定されている三原の鶏肉の良さ、魅力をお客様へ伝えることのできる商品作りを目指してまいります。

創業から数えまして、現在で三代目になりますが、お客様の多くにも三代に渡りご愛顧頂いております。
又、地元を離れても忘れられない味とのお声を頂き、ご家族やご友人への発送依頼も多く、再び地元へ戻ってこられた方の中には、昔のご家庭での食卓を思い出され、お越しになるお客様も多くいらっしゃいます。
「この街と、こだわりと、笑顔の食卓と」をモットーに、三代にわたり受け継がれてきた技術や、お客様とのつながりを大事に、皆様の食卓の思い出に残る、美味しい鶏肉を追及していきたいと思っております。

今後とも、よろしくお願い致します。

2017年2月
専務取締役 小林史典

会社概要

名称
株式会社 鳥徳
本 店
郵便番号 723-0017
住  所 広島県三原市港町1丁目4番15号
電  話 (0848)62-4272
F A X (0848)62-1129
加工部
郵便番号 723-0052
住  所 広島県三原市皆実1丁目24番7号
電  話 (0848)63-6151
F A X (0848)62-6052
創業
1950(昭和25)年
資本金
2000万円
代表取締役
社長 小林巧治
取締役
専務 小林史典
従業員数
20名
主要取引銀行
広島銀行 三原支店
しまなみ信用金庫 本店
もみじ銀行 三原支店

沿革

鳥德は「鶏肉専門店」として、昭和25年に広島県三原市で創業致しました。
創業者である初代の小林徳巳は、戦後、世の中が栄養不足の中、栄養豊富・低カロリー・比較的安価で生産できる「鶏肉」を、皆様に食べていただきたいという想いから、安芸備後圏の契約農家から鶏を仕入れ、鶏肉専門の卸売店として商いを始めました。
時代の流れ、お客様のニーズと共に形態を変え、現在、飲食店・業者向け卸売、店頭小売専門の店舗と、惣菜等の委託製造業務を請け負う加工場を営んでおります。

1950年
三原市城町にて創業 初代店主小林徳巳
同市港町へ移転
1960年
法人化 有限会社鳥德 設立
港町本店2Fにて鶏料理鳥德を開店(現在は居酒屋べぇちょう本店様)
鳥巧商事株式会社設立(現在はプライフーズ㈱子会社)
1970年
二代目店主小林巧治 代表取締役就任
1980年
株式会社鳥德へ組織変更
三原市皆実に加工部を設立
加工部移転(現在地へ)
1990年
港町本店移転(現在地へ)
2000年
創業50周年
地方発送業務開始
郵パックギフト販売開始(期間限定)
2010年
土産用商品販売開始
港町本店改装(現在の店舗へ)
公式Facebookページ開設
「みはら神明鶏」販売開始
「三原焼振興会」設立(賛助会員として参加)
「三原名物水軍焼協議会」設立
「三原名物水軍焼」販売開始
公式HP開設

本店地図

加工部地図

Photo Gallery

初代看板

2代目

3代目

4代目

5代目

6代目(現在)